意外と多い!信用取引にかかる費用について

売買委託手数料がかかる

信用取引では株を買うこともできれば、売りから入ることもできますが、信用取引での売買を行えば、同時に売買委託手数料を証券会社に支払う必要があります。どのくらいの売買委託手数料がかかるのかという事に関しては、各証券会社によって異なりますが、一般的には現物株取引にかかる手数料よりは安く設定されていることが多いです。もし、デイトレーダーなおで繰り返し株の売買を考えているのであれば、売買手数料の安い証券会社を選ぶ必要があるでしょう。

金利費用を支払う必要がある

信用取引というのは、一定の担保金を証券会社に預けて、その担保のもとに株の取り引きを行うわけですが、取引をする場合は、お金や株を借りて株の取引をすることになります。お金や株を借りているわけですから、そこに金利が生じてきます。これは、株を信用取引で購入した場合は、買方金利が発生し、空売りをした場合は貸株料が発生することになります。特に、長期的に株を保有する場合は、金利も多くかかってくるので、注意をする必要があるでしょう。

事務費用がかかる場合がある

もし、信用取引で株を購入したり、売った場合、そのポジションを1か月保有し続けた場合に、一定の費用が事務管理費としてかかります。どのくらいの管理費がかかるのかというと、1株当たりで定められており、上限は1000円となっています。また、名義書換費用というものがあり、信用取引で株を権利付き最終売買日と権利落ち日をまたいで購入した場合に、1売買単位あたり10円程度の費用が発生します。ただし、空売りの場合は発生しません。

信用取引の費用は証券会社によって異なります。そのため、信用取引を行うなら、それにかかる費用を調べてから行うと良いでしょう。