クレジットカード決済VSデビットカード決済!お得に使うには

クレジットカードとデビットカード決済の違い

クレジットカードは高校生を除いた18歳以上から申し込めますが、デビットカードは中学を卒業した15歳以上から手続きができますし、年齢層の高い方でも対応できます。クレジットカードは会員証の一種で、事前に審査を受けて信用があると認められた方のみ発行されるもので、品物を購入したり、お金を借りたりする時に、立て替え払いをしてもらえます。一定の期日で締め切り、一括か、分割やリボ払いで少しずつ返済していくかを選べ、手持ちがなくてもすぐに決済できるのがメリットですよね。一方デビットカードは、ATMから預金口座の入出金手続きをする際に必要なキャッシュカードに付属した機能のことで、ATMに出向かなくても直接口座から直接お金を支払いに使えるものです。原則として、不足分の立て替え払いの機能がついていない限りは、審査は不必要なことが多いでしょう。支払う際には、クレジットカードの一括払いと同様になりますが、後から返済するのではなく、手続きをしたのとほぼ同時に口座からお金が支払われます。利用する際には、お金を口座に入れておく必要はありますが、どのくらい使ったかがわかりやすいため、支出の管理がしっかりとできますね。

インターネットでの決済に使うには?

ネットショップやネットでのサービス料金の支払いには、クレジットカード決済のみというところもありますね。デビットカードでも、支払いをできるところもありますよ。デビットカードでは、クレジットカードの国際ブランドのシステムを流用して、支払い手続きをしていることから、一定の信用が必要なことから、月々の料金の支払いは対象外となる場合がありますが、該当するブランドの加盟店契約をしているショップでのお買い物なら利用できる可能性が高いですね。国際ブランドではインターネットショッピング用の認証を導入していますが、デビットカードでも、パスワード設定などの手続きを行えば利用ができますよ。支払いをするには、クレジットカードと同様にできますが、一括払いを選択するように気をつけてくださいね。名前はローマ字で入力し、姓名の順番を間違えないように気をつけましょう。クレジットカードでは名前が先に記載されていますが、デビットカードでは苗字が先に記載されているものがあります。

特典の違いはあるのか?

クレジットカードには、利用しただけポイントが付けられます。規定のポイントが貯まれば、商品やノベルティグッズと交換できることもありますが、支払いに充てられたり、電子マネーと交換して日用品の購入ができたりします。還元率が高いから、お得になることも多いですよね。また、発行会社により各種保険や補償も充実してることがあります。デビットカードの場合は、各銀行によって様々な特色があります。保険や補償はつけられていないことが多いですが、電子マネーのポイントやマイルが貯まることがありますし、一ヶ月の利用分から、決められた割合でキャッシュバックされるシステムを採用しているところもあります。ポイントを貯める習慣がない方でも、得をした気持ちになれますね。金利の優遇サービスや、利用手数料の軽減を図っている銀行もあります。また、1日の利用制限額を設定することもできますので、保護者が高校生にアプリの料金やゲームの課金、ネットショッピング等で使わせる際にも安心ですね。

決済代行の便利さとは、商品に不満がある場合は決済を遅らせる事ができる点や、間に業者を入れる事で相手から確実に代金を決済できる事です。