火災保険の補償内容を知ってから商品選択をしてみよう

火災保険は何も火事の時だけではない

普段様々な保険に関する情報を耳にする事が増えてきました。テレビコマーシャルで見る事もあれば、友人との会話の中でも保険が出てくる事があります。そんな保険に関して、特に火災保険に関してはあまりよく知らない人も多い事でしょう。火災保険という名前から、もし火事になった場合自宅の損害を補償してくれると考えている人が多いですが、実は火事だけにととどまらず家の損害や損失を幅広く補償してくれる保険である事をご存知でしょうか。

火事以外の補償内容とは

主に火災保険で補償される内容としては。火事等の自然災害が該当します。台風から雹、そして集中豪雨等様々な自然災害も補償対象となりますので、もしもの時に大きな助けとなってくれる事でしょう。近年、日本各地で自然災害で被害をこうむった地域が多く、この様な時に火災保険は役に立つ事でしょう。そして自然災害以外にも、盗難等の被害を受けた時も補償対象となりえますので、まずは保険商品の補償内容を詳細に確認をしておきましょう。

そんな火災保険の選び方とは

この様な自然災害から、盗難の被害に至るまで補償をしてくれる火災保険ですが、現在数多くの商品が販売されています。そのため、どの様な商品を選択すべきか迷う事もあるでしょう。その様な場合、まずは補償内容から選択するのか、もしくは毎月の価格から選択するのか決めておくと良いでしょう。お財布と相談しながら決めていく事で、無理なく保険を継続する事が出来るでしょう。家族構成や、自宅が変わるタイミングで一度保険の見直しをする事もお勧めです。

賃貸物件において借主が契約する火災保険は「家財保険」と呼ばれ、焼失した家財にのみ適用されます。なお、地震による出火での家財の焼失は適用外で、別途地震保険の加入が必要です。